トップ アイコン     児童養護施設「恩寵園」の
虐待事件について意見を聞く会

2000年3月22日
カウンタ
from 2000/3/23

 3月22日(水)、衆議院第2議員会館(東京都千代田区)にて、石毛^子議員・田中甲議員・肥田美代子議員の呼びかけで、「児童養護施設「恩寵園」の虐待事件について意見を聞く会」が開催されました。参加した国会議員は本人参加9名、代理出席が11名、その他一般参加・マスコミを含め50名以上参加して下さいました。

 恩寵園卒園生は5名参加し、恩寵園での虐待や人権侵害の実態を訴えました。
「毎日、誰かが殴られ、蹴られ、暴力を見ない日は無かった」と、日常的な暴力にさらされていたことを述べました。
 さらに、「園長の機嫌が悪いと、視野に入っただけで殴られた」「友だちや家族からの手紙は、必ず保母が中身を読んでから渡された」「電話は、保母立ち会いのもとにかけた」「園では、いつも緊張して生活していた」「ベッドの柱に後ろ手に縛られ、笑いながら、フェイントをかけたりして殴られた」など、具体的な暴力やプライバシーの侵害などを訴えました。
 日常生活のスケジュールについても、「6時起床し、すぐに園内の掃除」「夕食は4時45分なので、夜はお腹がすいてたまらなかった」「中学生も8時就寝」「テレビを見られるのは日曜休日だけ」「クラブ活動には参加できない」と、窮屈な管理された生活実態を話しました。 「4年前、千葉県庁に『園長を辞めさせて欲しい』とお願いしたが、聞き入れてもらえなかった」と、千葉県の無策ぶりも話しました。

 話を聞いた国会議員たちは、配付資料や具体的な虐待の話に驚きの表情を見せ、「まず、虐待の事実をしらず、君たちにそんなつらい思いをさせ、守れなかったことをお詫びいたします」と子どもたちに謝罪して下さいました。
 その上で、恩寵園の視察などを行い、園の再生について検討していくことを話して下さいました。また、施設内虐待が起きない仕組みづくりについて、真剣に検討して下さると約束して下さいました。

 最後に「君たちは、どんな園にしたいか」と聞かれました。卒園生たちは、「緊張しないで暮らせる園」「安心して暮らしたい」「楽しい園にして欲しい」「地域の人たちと自由に交流の出来る園にして欲しい」と答えました。

 活気のある話し合いの中、1時間の予定が15分オーバーし、さらに、終わった後、議員たちと歓談し、名刺をもらい、一緒に記念写真を撮り、と和やかな雰囲気でした。さらに、議会食堂で一緒に食事までして、解散いたしました。