トップ アイコン     厚生省の千葉県に対する指導
2000年3月1日
カウンタ
from 2000/3/3


 恩寵園が四月からの休園を決定し、県もこれを受け入れたことについて、厚生省は本日千葉県社会部長(出席したのは次長)を呼び、萩原英俊・厚生省児童家庭局家庭福祉課長が以下のことを伝えた。
 
  1. 法人恩寵園が再度改善計画書を県に提出するように要請した
    (1)新理事長は「疑義がある」との発言を行ったが、改善勧告の趣旨をまったく理解していない。
    (2)改善勧告に沿った計画書を提出していない。
    (3)法人が改善勧告を検討した経緯がまったく見えない。
  2. 施設休止の申し出を再検討するよう指導すること
    (1)児童養護施設の入所率は、虐待などでいずれも高く、新規に措置できない状況。このような状況で申し出を認めることは適切ではない。
    (2)今の同園の入所児童の生活はどうなるのか。子どもには、慣れ親しんだ場所で生活する権利がある。